2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブクログ

amazon アフィリエイト

  • amazon
無料ブログはココログ

2011年11月26日 (土)

エビもカニも頂く贅沢な土曜日~ジェイコブス・クリーク リースリングとともに~

近所のスーパーで”日本海フェア”なるイベントが開催されていて…

鳥取の紅ズワイガニ(オス)と兵庫のセイコガニがそれぞれ一杯580円sign03

Ca3c0201 Ca3c0202

私のワイン師匠Bobさんのブログでカニを見かけて、食べたいモード発動中だったので、家につれて帰りました。
今日の夜はカニでリースリングだ~~heart04

パスタは夫リクエストでエビの入ったペペロンチーノ。カニに集中するとロングパスタだと伸びちゃいそうだったので、久々にペンネを用意。キノコもたっぷり使ってみました。程よくピリッとして、上手にできましたヨsmile

まぁ一杯580円ですから、お味はまぁまぁ。雰囲気を楽しみましょうflair
カニの解体が楽しくて仕方ありません~happy02

Ca3c0203 あわせるのはリースリング。先週に引き続きジェイコブス・クリークのワインを楽しみました。先週のものの下位レンジ。だけど…こういう魚介の食べ方には、絶対コッチの方が合うと思うpaper

また、在庫用意してもらわなきゃ。いつでもカニを食べられるようにねnote

2011年11月25日 (金)

初おひとり様ワイン会~中目黒 Divine~

Ca3c0190初めて、おひとり様ワイン会を決行しましたrock

何度か訪れたことのある中目黒のOZ&NZワインバー"Divine"

女性オーナーが迎えてくれる、素敵なシャンデリアと深い赤がしっとりとした大人の華やぎを見せるお店でかなりお気に入りのお店heart04

今日はワインボトルがずらりと並ぶカウンターに初おひとり様で、お邪魔しましたよhappy01

Ca3c0191「新しいの入りましたよ」の声が、とても嬉しいheart04
好みの白ワインを伝えると、出てきたのは

"リリアン マルサンヌ・ルーサンヌ"

西オーストラリアの知る人ぞ知るワイナリーです。
飲み口は…乾燥したこの季節にぴったりの爽やかさです。あまり馴染みのない品種だけど、バナナっぽいようなしっとりした甘い香りが良い感じheart04

合わせるのはスモークしたモッツアレラdelicious もっちりした食感は残しつつ、スモークの香りがふわりと広がる美味しいチーズです~焼きバージョンとそのままバージョンの二種類を頂きましたdelicious 蕩けた感も良い感じ~happy02

Ca3c0193_3 Ca3c0192

お次は…「お祭りはもう楽しみました?」の声で、選んだのは…ボジョレーwine
wineアルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ ヌーボー2011

ノンフィルターで普通のボジョレーよりも厚みや複雑さを感じられ、美味しいlovely 私の中でボジョレーは「酸っぱいイチゴ」のイメージだったんだけど、これはブルーベリーのような甘酸っぱさを感じるものでした。イメージ覆りました…catface 左のは、普通のボジョレー。さっぱりしているみたい(笑)

ちなみに合わせたお食事メニューは「マッシュルームのアヒージョ」
ワタシの中で一、二を争うアヒージョです。パンに浸して食べると、旨みが、うまうま…delicious
ボジョレーも負けない強いコで、良かったぁhappy02

Ca3c0194_2 Ca3c0197

メニューを見ていて一番気になったお料理、それは「米なすのチーズグラタン」
こういうタイミングでないと、食べられないお料理ですsmile
高知の米なすと、トリのひき肉、がニンニクとチーズで仲良く美味しくグラグラしてますhappy02

合わせるワインは…ボジョレーも良いんだけど、カベルネで!
ということで出してもらったのが

wineネペンス トリスト 2006 (写真手ぶれ注意…weep

カベルネ・テンプラニーニョ・ジンファンデルをブレンドしてるという、なんていうかもう、オーストラリアでしかあり得ないブレンド感smile
ほとんどカベルネ(79%)なのにカベルネの青臭さを感じない、軽やかで飲みやすい赤ワインです。2006年という熟成も良いのかもしれませんhappy02

なんだかもう少し飲みたくて、〆に選んだのは
wineダーレンベルグ ハイトレリス カベルネソーヴィニオン 2009

これ、好きheart04 もう少し寝かした方がもっと好きheart04 でも、満足lovely

今回初めてのおひとり様でしたが、なんとなんと!
お隣にいらっしゃった常連さんが…大学の先輩でした。学校、京都なのに、こんな場所で出会うなんて、東京も狭いねsign02 びっくりですhappy02
おひとり様&カウンターデビューにして、こういう出来事があると、癖になっちゃいそう…bleah お邪魔をしない範囲で話しかけてみるのも大事ですねnote

楽しい時間に、今日もありがとうございました~happy02

clipDivine wine & cuisine
東京都目黒区上目黒1−3−19 上目黒SSビル2F  telephone03-6303-3659

2011年11月 9日 (水)

(勝手に)OZ強化月間~突発!渋谷アロッサへゆく

夫から「今日は外でごはん食べよう」の嬉しいお誘いheart04
料理に苦手意識を持っているワタシ、こんなお誘いに乗らないはずがありません~happy02

で、久々に渋谷アロッサへ。
ボトルもグラスもワインはオーストラリアが揃ってる、オージーワイン好きにはたまらないお店ですcatface

月中の水曜日なのに、お店はほぼ満席状態。お料理を一気に頼んで、まだ飲んだことのないワインに思いを馳せます…

~本日のお品書き~

Ca3c0167 Ca3c0169_2

Ca3c0170 Ca3c01680001

Ca3c0171 Ca3c0172

one松原流シーザーサラダ
two本日の鮮魚のカルパッチョ アンチョビドレッシング
three魚介とガーリックのアヒージョ with 自家製パン
fourポルチーニと6種きのこのリゾット
fiveOZ産ミドルグレインフェッド牛のサーロイングリル 

本日の白ワインは、日本未輸入という、ジョン・デュヴァルのマルサンヌ・ルーサンヌ・ヴィオニエ。初めて飲むブレンドです。
味わいは…苦味のないグレープフルーツな感じだったんですが…どうでしょflairすっきりした中に樽から由来するのか、優しい広がりがあって、良い感じでしたnote

最近、アヒージョにハマってまして。
オイルの中に魚介の旨みが溶け込んだアロッサのアヒージョは、私の中では一番の味sign03
自家製のパンもほんのり甘みがあって、このオイルに浸して食べるとサイコ~に旨い
lovely

5月のマーガレットリバー旅からこっち、リゾットにもハマってまして。
このリゾットはきのこの旨みがた~っぷりご飯にしみてて、これまた旨いhappy02

そして…さらにハマりこんでいるのがお肉taurus
貧血を自覚してから、とにかくお肉taurusが食べたくて仕方ないんですよね…
血が滴るような、赤身のお肉taurusがおいしい。アロッサのオージービーフはとても柔らかくて旨みがじゅわぁ~と広がる美味しいお肉taurusなんですrock

お肉に合わせたのはビンバジンエステートのリッジSCM2008wine シラーズとカベルネとメルローをブレンドしたオージーワインならではのブレンドです。
とても柔らかい味で、かなり良い感じheart04 HPを見ると現地価格AUD15.00sign03 安ウマですlovely

今日はその他にシャンドンのピノ&シラーズが開いていたので、そちらは夫がチョイス。うん、分かってたけど、美味しいcatface

〆はカプチーノ…と言いたい所なんですが、スチーマー不調の為、カフェ・オ・レを作ってもらうことに。少し温めのコーヒーが胃に優しいですね。

pencil本日のグラスワイン
wine白:JOHN DUVAL PLEXUS MRV2010 (日本未発売)

wine赤:Bimbadgen Ridge 2008 SCM

clipAROSSA 渋谷
東京都渋谷区松涛1-26-22   telephone03-3469-0125

2011年7月13日 (水)

今日はオージー気分 ~Mr.ZOOGUNZOO~

Ca3c0390 ずっと行ってみたいと思っていた表参道(渋谷?)の【Mr.ZOOGUNZOO】に行って参りました~happy02
聞いてはいたけれど、びっくり。入口を飾るオージーワインの空き瓶たちに一気に目がハートlovelyです。地下への階段を下り、まるで洞窟のような店内に入ると、まずは巨大なセラーがお出迎えしてくれますよ。思わずニヤケてしまいますよね。

グラスで赤泡も提供しているとのことで、聞いてみると…ダーレンベルグでした。あれをグラスで飲めるなんて素敵heart04 と言いつつ、今日は白のスパークリングで乾杯shine

まず登場したパンに目が釘付けです。
そう…私が西豪州の 《CAPEL VALE》 で大失敗したヤツが登場したのですbearing

Ca3c0377 Cimg3790

ダッカと呼ばれるパンのアテ?ですが、むこうのはこんな上品に提供されたりしません。
まるでトリの餌のように出てきて、正直食べ方がわかんなかったんですよね…shock(写真右がそれです。パンも山積み出てきました…bearing

今日のごちそうはこちら。

Ca3c0378 Ca3c0379

Ca3c0380 Ca3c0381

Ca3c0382 Ca3c0389

restaurantたこのカルパッチョとか生ハムとか…
restaurant鴨もも肉のコンフィーのロースト シェリーヴィネガーソース
restaurantパルミジャーノチーズのリゾット
restaurantデザートのフローズンマンゴー

能登から新鮮な魚介を取り寄せてるこだわりのカルパッチョ。旨いです。他の魚料理にも興味ありsmile
鴨が食べたくって、鴨もも肉をチョイス。鉄分豊富っぽい味が好きlovely
すっかり西豪州旅で美味しさに気付いたリゾット。チーズのコクがたっぷりしみていて旨い~happy02

ワインは悩みに悩んでこちら。

Ca3c0383 Ca3c0386

wineDE BORTOLI YARRA VALLEY PINOT NOIR 2007
wineFifth Leg SSB 2011

デ・ボルトリのヤラバレーレンジは、本当に美味しいheart04格安レンジはあんまり好みじゃないんだけど、このピノは上品でジューシーでとても良いですよlovely

Fifth Leg は今回西豪旅行で立ち寄れなかったデビルスレイヤーの廉価ワイン。
でも廉価だと侮るなかれ、マジで旨いんです。今回選んだのはSSB世界最速の2011年ビンテージもので、とてもフレッシュ。はじけるような柑橘の酸味と甘味が、この暑い夏を乗り切る活力をくれる感じですよshine このビンテージはおそらく日本で飲めるのはここぐらいじゃないかな?エチケットも毎年キュートで楽しいんですsmile

サーブしてくれたスタッフさんと長いこと話し込んでしまいました。お仕事の邪魔をしてしまってごめんなさいね。

また西豪州以外の美味しいワインを紹介してくださいませ~今日もごちそうさまでしたhappy02

clipMr. ZOOGUNZOO
    東京都渋谷区渋谷2-9-11 青山シティビルB1F
    telephone 03-3400-1496

2011年4月26日 (火)

第24回 『かもす』ワイン会 ~元気の出るワイン!~

大森にあるオーストラリアワイン専門店『かもす』 さんのワイン会に参加しましたheart04

こんな時だからこそ「元気」が大事、ということで今回のテーマは「元気の出るワイン!」
皆で集まってワイワイやっているといつの間にか元気が出てくるから不思議ですhappy02

ラインナップはこちら

Cimg3681

Cimg3682 Cimg3683

  1. シーヴェー グラン・キュヴェ NV (SA マクラーレンヴェイル)
  2. デ・ボルトリ ウィンディーピーク シャルドネ 2009 (VIC)
  3. カレン ソーヴィニヨン・ブラン セミヨン 2009 (WA マーガレットリバー)
  4. プランタジェネット オムラ カベルネ・メルロー 2007 (WA グレートサザーン)
  5. ファーモイ メルロー 2006 (WA マーガレットリバー)
  6. ゼマ エスティト シラーズ 2004 (SA クナワラ)
  7. デ・ボルトリ ヤラバレー シラーズ 2003 (VIC ヤラバレー)
  8. ロックフォード バスケットプレス シラーズ 2005 (SA バロッサ・バレー)

乾杯の一杯はピノ・ミュスカデ・シェニンブランなどをブレンドしたリンゴのような甘さと酸味がとても美味しいスパークリングshine テンションは一気にupup

あまりワタクシ好みではない2. のデ・ボルトリ ウィンディピークレンジのシャルドネ
なんてことでしょう。かなり好みですhappy02 どうやら、上品な樽香のするシャルドネに傾倒気味のようです。1,900円なら美味しいしお買い得moneybag

3. カレンのSBSは、最初の飲み口は"ミネラル"な感じ。とても硬質で酸味勝ちで飲みづらかった。
けれど…時間が経つにつれてセミヨンの蜂蜜のような甘さが溶け出して、めっちゃ好みheart04 こればっかり飲んでしまいましたヨsmile

かもすさんでおなじみになった4. のプランタジェネット オムラ。 私はどうしてもメルローを好きになれず、これもちょっと苦手なままでした。だけどきっと飲みやすい1本だろうと思います。なので、5. のファーモイは言わずもがな。最初の一杯でイッパイでしたdown

ここからが私の本番rock

6. ゼマ エスティト は酸がしっかりしていて若々しい感じ。べったりした甘味が少ないのでとても飲みやすかった。クナワラだからかな?

Cimg36847. デ・ボルトリ ヤラバレー シラーズは、とっても飲みたかった1本。しかも2002年というバックビンテージでテンションは上がりまくりhappy02
期待通りの美味しさです。程よくこなれた酸味とジャムっぽい甘味がとてもバランス良いnote
私の好みドストライクな1本でした。

8. ロックフォード シラーズはとってもプレミアムな1本。とてもジューシーで「オージーシラーズ」なシラーズでした。6年目だけど、まだまだ若々しい瑞々しさで、本当に美味しいheart04
2005年は記念の年なので、こっそりお買い上げbell 10年後の記念日に頂きますhappy02

そんなこんなで楽しい時間はあっという間。しかも結構飲んじゃったcoldsweats01
たくさんの元気をチャージさせてもらいました。いつもありがとうございますnote

clip楽しいお酒のすみか かもす
〒143-0023 東京都大田区山王1-31-10山崎ビル101

2010年11月16日 (火)

第22回 かもすワイン会 『カベルネ・ソーヴィニヨンを楽しむ』

ボジョレー解禁前の火曜日に開催されたかもすワイン会。今頃ブログ更新ですcoldsweats01
さて、22回目の今回はオーストラリアのカベルネを大特集!

ラインナップはこちら。

Cimg3544 Cimg3545

  1. ダーレンベルグ ザ・ペッパーミント・パドック・スパークリング・レッド NV (SA マクラーレン・ヴェイル)
  2. ジェフメリル ピンパラロード カベルネ・メルロー 2008 (SA マクラーレン・ヴェイル)
  3. ロスベリ エステート マジー カベルネ・メルロー 2004 (NSW ハンターバレー)
  4. ピーターレーマン バロッサ カベルネ・ソーヴィニオン 2006 (SA バロッサヴァレー)
  5. ミトロ ジェスター カベルネ・ソーヴィニオン 2008 (SA マクラーレン・ヴェイル)
  6. ウィンズクナワラ カベルネ・ソーヴィニオン 2006 (SA クナワラ)
  7. モスウッド エイミーズ カベルネ・ソーヴィニオン 2006 (WA マーガレット・リヴァー)
  8. ダーレンベルグ ハイトレリス カベルネ・ソーヴィニオン 1997 (SA マクラーレン・ヴェイル)
  9. ウルフブラス グレイラベル ロングホーンクリーク カベルネ 2008 (Bobさんの豪州お土産)

乾杯はシャンブールサンという聞きなれないブドウを使った赤のスパークリングワイン。カシスオレンジのようなキールロワイヤルのような…ほんのり甘く飲み口すっきりの、カクテルのような飲みやすさ。ちょっとお値段が高めなのが玉にきずcoldsweats01

さてさて見事に並びました、カベルネカベルネ(笑) 最近オーストラリア以外のワインを飲むようになって、改めて感じました。「オーストラリアのカベルネはユーカリclubの香りがする…eye

Cimg3554 ユーカリというか、ミントっぽい感じが強いモノが多いようです。やすいモノはべったりすることが多いけれど、5番以降は全て酸と果実味のバランスが良く、どれもこれも美味しかった。(テイスティングノートには『うまい』としか書いていなかった…<(-"-)>…どういうウマさなのか書いておかないと…説明できないよねぇ…)

どうしても苦手意識の強い2番3番のボルドーブレンドは、やっぱり苦手みたいbearing

何度もお代わりしたのは8番のダーレンベルグ。過去に若いビンテージも飲みましたが、私の好みの基準になっているカベルネです。13年経って、とても落ち着いたエレガントな味わいで美味しかった~lovely。かもすさんに「これを美味しく感じられるのは、だいぶワインを飲んできた証拠だよ」と言われ、一人舞い上がってしまいましたよsweat01

Cimg3553 手ごろに楽しむなら6番のウィンズクナワラかなぁ。比較的お値打ちレンジでエレガントさも楽しめるのでnote つい最近ココのシラーズも飲みましたが、かなり良いです。どちらも。

今回はかもすさんからのリクエストで、お勤め先で扱っているチーズを出していただきました。コクのある強めのチーズは、やはり赤ワインにはぴったりのよう。説明ができないのがもどかしいですが、みなさんに「美味しい」と言っていただけると、嬉しくなります。

またBobさんの豪州土産のウルフブラスやハネさんのイギリス土産のイギリス産スパークリングワインなどなど…バラエティ豊かに会話も様々で楽しませていただきました。

いつもいつも楽しい会をありがとうございます。報告が遅れてしまってすみません。
また次回もよろしくお願いしますnote

clip楽しいお酒のすみか かもす
〒143-0023 東京都大田区山王1-31-10山崎ビル101
http://www.rakuten.co.jp/kamosu/index.html

2010年9月28日 (火)

第21回 かもすワイン会 ~シラーズ!シラーズ!!シラーズ!!!~

ようやくワイン向きの気候になってきましたね~Ca3c00571
とっても良いタイミングで、大森のオーストラリアワイン専門店「かもす」さんで、恒例のワイン会開催、しかも…私の大好きなシラーズ特集~~heart04思わずタイトルテーマ、変えちゃう勢いですbomb

少し早めに会場に着くとそこでは新規取扱検討中の商品デモンストレーション中…

ハワイ土産の印象が強いけれど、実はオーストラリア原産のマカダミアナッツの殻付きローストを右の専用のクラッカーで自分で割ります

Ca3c00561_2 

これがまた…楽しくて美味しい~~
最初から割ってあるナッツだとついつい食べ過ぎてしまいそうですが、手間がかかる分、食べすぎも防げそうsmile

ナッツのオイルはオリーブオイルと同じ不飽和脂肪酸。だから食べ過ぎたりワインを飲みすぎたりしない限り、ダイエットにも良いらしいですよheart04

かもすさん、これ楽しいです。深夜の通販のノリでセット販売でいかがでしょうか(笑)

さて、本題のワイン、ラインナップはこちら

Ca3c00511_3 Ca3c00491_2

  1. マクギガン ブラックラベル スパークリング・シラーズ NV    南東地区
  2. ロスベリ マジー・シラーズ 2006    ハンターバレー(NSW)
  3. プランタージェネット オムラ シラーズ 2007    グレートサザーン(WA)
  4. ピーターレーマン クランシーズ・レッド 2007    バロッサバレー(SA)
  5. ダーレンベルグ ダリーズ・オリジナル シラーズ・グルナッシュ 2007    マクラーレン・ヴェイル(SA)
  6. デ・ボルトリ ヤラ・ヴァレー シラーズ・ヴィオニエ 2006    ヤラバレー(VIC)
  7. アニーズレイン コパートレイル・シラーズ 1998    クレアバレー(SA)
  8. ピーターレーマン The 1885 シラーズ 2006 バロッサバレー(SA)

乾杯のスパークリングから、オーストラリアが得意とするスパークリング・シラーズsign03
割としっかりとコクがあるのに、なぜか軽やかに飲めてしまう危険なスパークリング…ぐいぐいやっちゃうと、やばいでしょうhappy02 半端なお店のキールロワイヤルなんてメじゃないよsign03どんどん売りだしてほしいです~rock

一口にシラーズと言っても、産地やブレンドでとても雰囲気が変わります。これだけのラインナップを楽しめると、はっきりと自分の好みが見えて楽しいですhappy01

私のお気に入りは、3・6・7の、オーストラリアの冷涼なエリアで作られたシラーズ。酸がしっかりしていて、とてもさらりとした飲み口に感じます。

Ca3c00551_2 Ca3c00531

6. のデ・ボルトリ は5%前後のヴィオニエをブレンドしていて、それだけでほわぁっ甘い花の香りが漂う、重さを感じない華やかなシラーズ。
作り手のデ・ボルトリはハンターバレー(NSW)とヤラバレー(VIC)に畑を持っていて、私の一押しは断然ヤラバレー!特にこのEstate Grown シリーズはピノもかなりイイnote
今まであまり意識していなかったヴィオニエブレンド、今回でお気に入り決定notes

7. のアニーズレインはビンテージ違いが前回も登場していますが…私の不動のお気に入りhappy02 美味しいheart04 とても滑らかで優しく、果実のうまみが凝縮されている感じです。1998年というビンテージも、一番良い飲みごろなのかも知れません。

どうしてもダメなのが、メルローがブレンドされていた4.のピーターレーマンclub
シラーズ・カベルネ・メルローのオーストラリアらしいブレンドワインですが…私にはこれがng なぜか優しいワインを造るというメルローがダメなんですね。ちっとも美味しさを感じられない…これはもう「好みではない」というほかありませんbearing

逆に「やっぱり大好き~~」となるのが、5. のダーレンベルグ ダリーズオリジナル。
シラーズとグルナッシュが1:1でブレンドされているのですが、どちらも相手の良いところを引き出してるワインsmile  とても厚みがあって…脂肪分の少ないオージースタイルのガッツリお肉に絶対に負けない味わいdelicious

Ca3c00541 8. のピーターレーマンclub 1886年から続く畑で栽培されたブドウで(流石にこの時からのブドウの木ではないけれど、十分古木のブドウとのこと)ビンテージが新しいのになぜか柔らかな印象なのは古木のせいかしら?なんて、分かったフリをしてみたりsmile 美味しかったですhappy02

猛烈な酷暑が過ぎ去って、一転ひんやりした空気に包まれた夜にぴったりのシラーズ特集。しっかり飲んで、体はポカポカsweat01
かもすさん、今夜も素敵なワイン会をありがとうございました。次回も楽しみにしていますね~happy02

clip楽しいお酒のすみか かもす
〒143-0023 東京都大田区山王1-31-10山崎ビル101
http://www.rakuten.co.jp/kamosu/index.html

2010年2月13日 (土)

今年最初の湯河原ワイン会

今年最初の湯河原ワイン会が開催され、地元で上がった新鮮な魚piscesのお刺身や美味しいワインwineで盛り上がりましたnote

今日のメインはこちら。

Cimg2772_001

Cimg2762_001

乾杯はシャンパーニュ。フルーティな味わいと優しい泡はシャンパンならでは。

右の見事な刺身盛りは、地元で上がったホウボウをスーパーの鮮魚コーナーが仕上げてくれたもの。身がしっかりしていて旨味たっぷりで美味しいnote
あわせたのはシャブリ。サッパリとした酸味shineが魚介にはピッタリhappy02

Cimg2769_001 今回の真打ちは持ち込んだルーウィンのピノ。西豪のピノらしからぬ静かな佇まいでした。

これで『枯れかけ』の意味を知った気がします。西豪のピノは大抵ピチピチして元気すぎる位なのに、そういうフレッシュさは全く姿を見せず、静かで苔むした風情でした。ピノとして美味しく飲める最後だったのかもしれません。

Cimg2765_001 今日のパスタはお義母さんお手製のイカのトマトソース。鷹の爪がピリッと利いてとても美味しいパスタでした。

いい機会なのでイカの下処理を実際に見せてもらいました。(私はあのイカの姿にとても抵抗あるので、イカの調理経験ゼロbearing
案外イカの処理も難しいものではないようなので、恐怖心に勝てたらcoldsweats01チャレンジしてみようと思います。

そんなこんなで6時間、楽しく過ごしました。本当にいつもありがとうございます。次回も楽しみにしています。

(次回は知らず知らずに飲み過ぎないよう、充分気を付けたいと思います。本当にすみませんdespair

2009年3月24日 (火)

第13回 かもすワイン会「ピーターレーマン特集」

今日は久々のかもすワイン会noteCimg20162
なんと今回は応募者殺到ということで立食形式での開催となりました。倶楽部「豪」メンバーをはじめ、お馴染みのご夫婦、豪で商売をされている男性など、とてもバラエティ豊かな参加者です。

今回のテーマはずばりピーターレーマンsign01
オーストラリアを代表するワイナリーのひとつで、お手ごろ価格からプレミアムなワインまで幅広く楽しめるワインが揃っていますhappy01
もちろん、お手ごろ価格帯はウチでも何度も楽しませていただいてますsmile
かもすマスター&マダムは先月実際にワイナリーを訪問されたということで、色々なお話を伺いながらスタートsign01ラインナップには現地でしか購入できないワインもありましたheart01

今日のワインたち~バロッサシリーズ~揃いのエチケットがかわいいhappy01

Cimg20082_3   

日本と季節が逆のオーストラリアは夏。毎日40℃近い気候の中、美味しいと感じたのは今回1番手のリースリングだとか。レモンのようなすっきり爽やかな味わいshineはオーストラリアの牡蠣やロブスターにもぴったりdeliciousだったそう。う~食べたい、行きたいhappy02

Cimg20031_3 Cimg19992  

個人的に今回一番美味しいと感じたのは、10番手ピーターレーマン フューチャーズ・シラーズ2005(写真左)
とってもシラーズらしい力強さはあるのに、どこか優しくて美味しいlovely

事前にとても楽しみにしていたのが、春限定のワイン「ウィンダウリ さくらシラーズ2004」です。(写真右)
桜のエチケットがとても素敵なこのワインには、日本とオーストラリアの歴史に深いかかわりがあります。詳しくはこちらcliphttp://www.holidayfarm.com.au/cowra.html
エチケットとワインの印象は似るものなのか、とても優しく凛としたワインなのです。

Cimg19982   

今日のワインたちshine
Photo_2 ピーターレーマン バロッサ リースリング'08
Photo_6ピーターレーマン バロッサ セミヨン・シャルドネ'07
Photo_4 ピーターレーマン レイヤーズ'08 (日本未発売)
160265_2ピーターレーマン バロッサ シラーズ・グルナッシュ'06
160265_3ピーターレーマン バロッサ クランシーズ・レッド'05
160265_4 ピーターレーマン バロッサ カベルネ・ソーヴィニヨン'06
160265_5 ピーターレーマン ザ・セブン・サイベイズ'07
160265_6 ピーターレーマン バロッサ・シラーズ'06
160265_7 ウィンダウリー サクラ・シラーズ'04
160265_8 ピーターレーマン フューチャーズ・シラーズ'05
160265_9 ピーターレーマン 1885・シラーズ'06
160265_10 ピーターレーマン メントー'04
160265_11 ダーレンベルグ ダリーズオリジナル シラーズ・グルナッシュ'93(Bobさん差入れshine
Photo_5 ブラウンブラザーズ クールシャンリースリング(Bobさん差入れshine

かもすマスター&マダム、参加された皆様、今回も楽しく美味しい会をありがとうございました~happy02
また次回もどうぞよろしくお願いしますhappy01

~今回の会場~
楽しいお酒のすみか かもす
http://www.rakuten.co.jp/kamosu/

2008年5月14日 (水)

なぜだか。

なぜだか全然日記を書く気になれず、こちらもmixiも一か月以上放置してしまいました…sweat01

仕事もだいぶ落ち着いてきたので、またのんびり書いて行こうと思います。

取り急ぎ最近のハマりものはと言えば…

ダーレンベルグのワインwineたちnote
隠れ家ワインバーで飲ませてもらってからかなりハマってます!
夫も最近ネットショップで色々と物色していたりして、開けたがらない1本を無理やり開けてもらったり…してます!
次は何をねだろうかしら…うふふ(〃^ー^〃)
写真は後ほどアップします!