2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブクログ

amazon アフィリエイト

  • amazon
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月14日 (土)

神田ヴィラ・ドゥーエで、久々持込ワイン会♪

今日は久々に持込ワイン会。
5年前にワインセミナーで知り合ったワイン仲間と神田のヴィラ・ドゥーエでわいわい楽しく過ごしましたよ。

今日のワインラインナップはこちら

Dscf3956 Dscf3973

  1. La Seule GLOIRE "Le Reve" Grand Cru Brut (Champagne)
  2. PERRIE-JOUET BLASON-ROSE (Champagne)
  3. SHAW AND SMITH M3 Chardonnay 2009 (SA Adelaide Hills)
  4. Petit Clos Pinot Noir 2009 (NZ Marlborough Clos Henri)
  5. Niepoort Vertente Tinto 2008 (Portugal Douro)

お料理のラインナップはこちら

  1. レンコダイのカルパッチョ レンズ豆と生ベーコン入りドレッシング
  2. 貝類と春野菜のリゾット
  3. 豚肉を使ったパテ 自家製ピクルス添え
  4. 牛タンのクリスティヤン 新ジャガイモとともに

Dscf3950_2 Dscf3957_4

再会を祝しての乾杯は、Junちゃん持参のシャンパーニュ 《Gloire グロワ》から。
"Le Beve (夢)"の名前を持つシャンパーニュは優しく軽やかな泡とすっきりフルーティな味わいで、春の乾杯にはぴったりな美味しいシャンパーニュなんでも洞爺湖サミットにも饗されたワインらしい。
あわせるのはレンズ豆とタイのカルパッチョ。さっぱりした味がシャンパンの爽やかさとぴったりマリアージュしてました

Dscf3951 Dscf3952

Dscf3958 Dscf3959

続いてもシャンパーニュ。あずみん持参は《ペリエ・ジュエ》のロゼ。
アネモネの花のステキなエチケットのシャンパーニュは、味わいも凛とした華やかさがあって、とても美味しい。淡いピンク色も上品で綺麗で、幸せな気分になるね

そして私が持ち込んだのはもちろん、オーストラリアワイン。
お気に入りショウ&スミスの(私にしては珍しい)シャルドネ。上品な樽香とフルーティな味わいが良い具合に馴染んでいて、とても美味しかった 元々、樽香のするシャルドネが苦手な私。昨年の西豪州マーガレットリバーへの旅で、美味しさに目覚め、色々試してみたくなってます 今回のワインはお気に入りの一本になりましたよ

さて、ロゼとシャルドネにあわせたのは、貝と春野菜のリゾット。貝に合うワインは意外と少ないと思うだけど、この2本はそんなに生臭くもならず、まあまあのマリアージュだったかと。ちょっとそのままだと、塩気が強いかな?という気もしたので、あわせるためのメニューだね

お肉一品目は豚肉のパテ。程よい塩気が白ワインにも後から登場のピノにも合う感じ

Dscf3960 Dscf3961

メインのお肉に併せて、赤ワインが2種登場。
一つはバンビナちゃん持参のニュージーピノ。サンセールで成功を収めている作り手が新天地を求めてNZのマールボロで生産しているワイン。ピュアなイチゴを思わせるキュートなピノで、とても美味しい
もう一つははっちゃん持参のポルトガルの赤ワイン。ポルトガル独特のブドウをブレンドしたほのかに甘さを感じる優しいワイン。美味しい

お肉は表面をカリカリのソースで覆った牛タン 美味しい
淡白なタンに甘辛いコクのあるソースが、2本のワインにぴったりぴったりマリアージュほんと、おいしかったぁ

Dscf3972 Dscf3971

デザートが食べたくなって、チョコレートケーキとバニラアイスを追加。で…「こんなのもいかがですか?」とお店の方が進めてくださったのが、グラッパ 隣の小さいチューリップのようなグラスで頂きます。
初めて知ったんだけど、グラッパはワインの搾りかすを醗酵させたアルコールを蒸留したものらしい。すごくアルコール度数が高くて辛い少しアイスに絡めて一口だけもらいました。

楽しい時間はあっという間。再会を約束して、解散となりました。
今回はJunちゃんとあずみんが"Facebook"上で再会したことがきっかけです。
色々な人からFacebookを勧められてるけど、いまひとつ踏み出せない私。こういう出会いがあるなら、私もやってみようかなぁとふと思う。今日この頃なのでした。

ヴィラ・ドゥーエ
東京都千代田区鍛治町1-9-11 石川COビル B1F
03-5298-1453

2012年4月 7日 (土)

久々のパスタ修業 ~あさりとキャベツのパスタ~

久々にパスタネタを。

先週たまたま見かけた日テレ系朝の情報番組 の『MOCO'S キッチン』で紹介されていたあさりのパスタに挑戦

Ca3c0340 レシピでは《サボイキャベツ》なるちりめん状のキャベツを使え、とあるが、そんなこじゃれたモノ近所のスーパーには売っておらず(てか、売ってても買えない…が正解かなぁ…) 普通の春キャベツでGo

太めの千切り…うん?ちょっと切る方向を間違えたか、ちょっと直線っぽい状態に…
うん、炒めたら一緒。気にしない。

ニンニクと唐辛子でオイルソースを作って、あさりをお酒で蒸し…キャベツ投入!(あ、やっぱり切る方向間違えてるな。固い感じになっちゃう。)

あおってあおって、少ししんなりさせて。
〆はもこみち流追いオリーブオイル…はっ、買い置きがな~~~い

仕方ないので、コレで完了。
味はまあ、かったけど、ちょっとオイルが足りずパサパサした感じが気になる…

また、挑戦してみます。。。

桜祭り ~ Camp ZAMA ~

桜の季節に合わせて、米軍基地が解放されると聞いて、近くの米軍基地にお邪魔してみました。

Photoあいにく、この土曜日は冬が戻ってきたかのような寒さ。
お日様も陰ってしまい、なんとも肌寒い中のお花見となりました。
お花もやっと7分咲きより少し多い、くらいでした。

基地に着くと、まず手荷物検査!を受けて。
皆さん、日本語が上手でした…英語の練習になるにもかかわらず、思いっきり日本語でお返事してしまった…もったいない

Photo_4Photo_5

写真左)入口をはいるとすぐに「この木、何の木?」が。この木、何の木ですかねぇ…?クリスマスツリー?

賑やかな音楽と肉の焼けるイイ匂いに誘われて、ふらふらと中へ。
すごく混んでいます。
ちょっと侮ってました。2時ごろに着いたのだけど、屋台は大行列でした

駅から基地まで15分程歩いた事もあって、喉カラカラ…
そんな時は、寒くてもビールで乾杯

ひとまず端から端までブラブラ歩いてみて、みんなが手にしているものを観察…
やたら見かける 《Anthony’s Pizza》 の箱…行列の中には見つからず、ひとまずあきらめる。

至る所でバーベキューセットから煙がもくもくです(写真右)…焼き上がるペースと購入側のペースが全く一致していない為の大行列のようです。手慣れてない感がたまりません

ウシ・ブタ・トリと揃ってる中、選んだのは…

Photo_6 Photo_7

並ばなくても買えたナチョスwithチーズ&ハラペーニョ (のハラペーニョ抜き) と、グリルチキン ハーフサイズ

Photo_8 豪快ですよ~でも塩けと旨みが感じられて、この鳥ちゃんはとても美味しかった
日本の屋台なら、まず唐揚げだけど、こういうのも良いね
ちなみに調理中はこんな感じ

ヘリコプターの搭乗体験(もちろん地上で)や仮設トイレの体験など、なかなか楽しかったです。
兵隊さんたちもフレンドリーだし (って、全然会話はしてないけどね)

夜は花火が上がるとのことだけど、ちょっと寒くて帰路に着きました。

また来年も来てみたいな~

《余談》
1. Anthony’s Pizzaは一般人が年に3回しか買えない米軍基地内のチェーンのピザショップとのこと。約40cmで1500円前後の格安B級グルメらしい。ゲート3から入ると近いが、私たちが通り過ぎた15時ごろにはもう完売していた。気になるが、二人ではおそらく食べきれない。参加メンバー求む。

2.基本の換算レートが1USD=100JPYだった。今日のレートは82.51円。ちょっと取りすぎでしょっ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »