2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブクログ

amazon アフィリエイト

  • amazon
無料ブログはココログ

« ボジョレー解禁Party&日本のワインを楽しむ日。 | トップページ | 宮越屋珈琲にて。 »

2010年11月29日 (月)

読書感想文 ~宮部みゆき 『ICO-霧の城-(上)』 (講談社文庫 Nov12 2010)

宮部 みゆき
講談社
発売日:2010-11-12
「―いつだかわからない時代の、どこだかわからない場所でのお話」

この言葉がこれほどぴったりくる物語もないのではないか。まったく「世界」を説明する言葉がなく、時にイコであったり、村長であったり、それぞれの立場で見る限定的な視界だけで、物語は粛々と進んでゆく。
主人公の少年イコは、人々を恐怖で支配する「霧の城」の生贄の証し「ツノ」を持って生まれた”ニエ”13歳になり、しきたりに従って、生贄として霧の城へと赴く。そんなイコを助けようと彼の親友トトは、一人禁忌の山へ向かい「光輝の書」を村にもたらした…
しきたりに反発した少年の行動は、ニエの運命、世界の運命を大きく揺り動かす…

ずっと薄闇の中に居るような不安が作品中を覆っていて、早く早く先に先にと読むのをせかされました。宮部作品に共通する素直で友情に篤くて、どこかズルイ少年二人がとても明るく魅力的。
ゲームのノベライズということだけれど、どんなゲームなのかちょっと興味あるなぁ。

« ボジョレー解禁Party&日本のワインを楽しむ日。 | トップページ | 宮越屋珈琲にて。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161038/50163553

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文 ~宮部みゆき 『ICO-霧の城-(上)』 (講談社文庫 Nov12 2010):

» 宮部みゆき「ICO 霧の城」 [ご本といえばblog]
宮部みゆき著 「ICO 霧の城」を読む。 このフレーズにシビれた。  片手をあげて自分の頭の角に触れた。ニエのしるし。この惨事を防ぐことのできる、選ばれた者である証。  どうし ... [続きを読む]

« ボジョレー解禁Party&日本のワインを楽しむ日。 | トップページ | 宮越屋珈琲にて。 »