2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブクログ

amazon アフィリエイト

  • amazon
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

2009年1月20日 (火)

神田 ヴィラ・ドゥーエでワイン会

ワインセミナーで知り合ったメンバーで新年会をしました。
神田 ヴィラ・ドゥーエーで一人一本持ち込みのワイン会です。

飲んだワインはこちらの7本。

Cimg1858_5
Cimg1864_7 Cimg1873_2 Cimg1865

Photo_10 PERRIER-JOUET BLASON ROSE (シャンパーニュ ロゼ)
Photo_11 SHAW AND SMITH RIESLING 2007(オーストラリア/アデレードヒルズ・白)
downwardrightまはやん持ち込み。大森の『かもす』さんにて購入。
かもすさんのワイン会で酷評してしまったワインなのですが、改めて飲んでみてとても美味しかった~色々な味わいがあって、今回のお料理の中では豚肩ロースのローストと好相性でした♪

Photo_12 CLARENDELLE BLANC 2005 (ボルドー・白)
Photo_13 PATRICK CLERGET BOURGOGNE GRAND ORDINAIRE(ブルゴーニュ・赤)
Photo_14 CHATEAU LA VERRIERE 2006(ボルドー・赤)
Photo_15
ROSEMOUNT ESTATE CAVERNET SAUVIGNON 1997(オーストラリア・赤)
Photo_17 TYRRELL'S WINES VAT9 2004(オーストラリア/ハンターバレー・赤シラーズ)
Photo_18 DONNAFUGATA SEDARA 2006(イタリア/シチリア・赤)

お料理はこちら。

Cimg1852_2 Cimg1854_2

Cimg1855_4 Cimg1857_3

京人参のパンナコッタ パルマ産プロシュートとともに。
軽く炙ったビンチョウマグロとリンゴの温かなサラダ仕立て
パルミジャーノのリゾット 牛もも肉のインボルチーニ
三元豚肩ロースのロースト 赤ワインときのこのソース

あずみんセンセが奮発してくれた、シャンパーニュ・ロゼ<ペリエ・ジュレ>でスタートshine
口の中にふわぁっと優しく広がるエレガントな味わいに、一気にテンションup上がりましたhappy02

白は豪とボルドーの2種類。
好んで飲むリースリングは、すっきり硬質な中に瑞々しい果実の味が美味しいhappy01
ボルドーの白は、一度テイスティングをして少し倦厭していましたが、今回飲んでみて、最初の一口目も苦味があってsign02だったけど…少し温度が上がってなじんでくると、草原のような爽やかさが現れてきて美味しかったsmile
やっぱり私は、白ワインが好きだ~~heart04

赤ワインはよりどりみどりで美味しかったなぁ。。。lovely
かなり飲んで、前回ほどヘベレケではなかったけど、とても良い気分happy01

ウチでは倦厭しがちな、メルロー主体のボルドーワインは今回のお料理(牛もも肉)に合ってる感じだったし、ブルゴーニュは炙りマグロといける感じかな。
豪ワインはそれぞれ、ワインがすごく主張しててパワフルpunch
カベルネはとても熟成が進んでいて、しなやかな感じが良いheart04
シラーズはまだまだこれから飲み頃のような、だけど豪ワインにありがちな甘いだけのシラーズじゃなくて、これまた美味しいhappy01
持ち込み分では物足りなくて、1本追加。これがシチリアワインnote
なんかとても柑橘ぽく軽やかで美味しかったheart04

お料理は全体に彩が足りない感じでしたが、前回に比べてボリュームは満点…smile
あと、今回の白ワインは前菜・魚どちらも相性が良くなかった…bearing
一番良い相性だったのは最後の三元豚肩ロースのローストと白ワイン!
最後に残ったリースリングで、堪能させていただきました~happy02scissors

色々なワインが飲めて楽しかったですhappy01
また機会があったら是非ワイン会しましょうね!

~今回の会場~
神田 Villa Due(ヴィラ・ドゥーエ) http://www.villa-due.com/
東京都千代田区鍛冶町1-9-11 石川COビルB1

Photo_19SHAW AND SMITH RIESLING 2007 はココで買えます!
たのしいお酒のすみか かもす http://www.rakuten.co.jp/kamosu/
東京都大田区山王1-31-10山崎ビル101

2009年1月10日 (土)

2009年第1回義姉宅ワイン会♪

今日は義姉宅にて新年会を兼ねたワイン会。
義理の両親も加わって、総勢7名(大人6名+赤ちゃんの甥っ子1名)のワイワイ賑やかな会です。

乾杯の1杯は、お義父さんお気に入りのカリフォルニアの白ワイン。
Photo CALERA CENTRAL COAST CHARDONNAY 2007

Cimg1798_1_3  少し樽の雰囲気があり、味わいはとてもコクのある甘さ。
カリフォルニアのカルトワインといわれるシャルドネを以前飲んだことがあるけれど、それをほのかに感じさせる味わいがありました。
このワインに合わせたのは、おつまみ系&海老のマヨソース。
白ワインなんだけど、サーモンにはNGだった・・・sad

Cimg1786_1_7 Cimg1787_1_8

2本目はお義姉さんおススメのイタリアワイン。MARZEMINO(マルツェミーノ)というイタリア固有の葡萄から作られる赤ワインで、トレンティーノというところのワインらしい。
Photo_2 BATTISTOTTI MARZEMINO Cimg1802_1_2


とても濃く深い赤色で、味も独特。グイグイといけない力強さ…こういうのをフルボディっていうのねcoldsweats01
アテは色々きのこのピリ辛ソテー。ぴりっとした刺激が美味しいhappy02
トリのマスタード煮込み&バター胡椒も登場。これ、レシピも聞いているので是非作らなきゃnote

Cimg1799_1_3


Cimg1801_1_5 Cimg1805_1_3

3本目はウチから持参したオーストラリアのお気に入りピノノワールnote
Photo_3 Stonier PINOT NOIR 2001Cimg1811_1_2

少し褐色に変化していて、とても柔らかい印象のピノ。
今回お寿司を取ると聞いていたので、マグロにあわせてみました。
意外と生臭さもなく美味しく飲めますsmile

Cimg1806_1_2

まだ飲み足りない感じだったので、4本目を開ける事に。
パスタがトマト系ということで、酸味がありそうなイタリアワインを選んでもらう。
Photo_4 BELCORE /I Giusti & ZanzaCimg1823_1_2

イタリア・トスカーナの「スーパートスカーナ」と呼ばれるワインを造るイ・ジュスティ・エ・ザンザのセカンドワインとのこと。
サンジョベーゼのフレッシュな酸味とメルローの滑らかさをブレンドしているそうな。
こちらはあわせたパスタ。ネギトロとトマトソースのパスタ。

Cimg1817_1_2

イタリアワインは種類がとてもとても豊富で、2本目に飲んだものとはまったく性格が違って面白いですね。
ただ…とてもパワフルなので飲みすぎると翌日が…shock

楽しい会話と美味しい食事&ワイン。次回を約束してお開きになるのでした。

開けたワインたち。ごちそうさまでした!
Cimg1821_1

2009年1月 2日 (金)

2009年のお正月。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、2009年は昨年がワインで暴走してしまいましたので…coldsweats01
少しペースを落としてワインを楽しもうということで、
初心に戻って、年間60本を目標&ベースに素晴らしいワインとの出会いを期待したいと思いますhappy01

お正月の日記は、まず毎年恒例のお正月料理から。

Cimg1765_1 今年は小皿に色々と盛るパターンで。
作ったのは真ん中の海老の黄金焼きと右端の田作りのみ。残りはすべて近くのスーパーで買いました…coldsweats01
だって、あんまり好きじゃないんですもの。お節ってwobbly

海老の黄金焼きは…いつも出来上がり方が微妙。
今度普通に作ってみることにします。

この後近くの神社にお参りに行くので、お酒はナシ。
戻ってから、おつまみで乾杯することに。

今年の乾杯は、オーストラリアで購入したどこのかよくわからない赤のスパークリングワイン。当然物足りないので、即赤ワインを開ける事に。

Cimg1769_1_3 Cimg1774_1_3

Photo ワイングラスVOYAGER ESTATE SHIRAZ 2003
オーストラリアのシラーズらしからぬ、強烈な果実味はなりを潜め、とてもスムーズで複雑で上品な味わい。こういう甘くないワインも美味しいと感じられるようになった自分にびっくりです。

2本飲んじゃうとたいてい翌日はぐったり、なのですが。
こちらも毎年恒例の明治神宮にお参りのため、がんばって朝起きる。。

Cimg1779_1 今年は不況だからか、例年より人が多い気がする…coldsweats01

この後、おみくじを引いて。
なんだか見られているような内容に驚きつつ、お財布にしまう。

そして屋台で腹ごしらえ。
たこ焼き&ジャンボフランクでおなか一杯。。。

おうちに帰った後は、再びワインを開ける事に。
今年のお正月は今日でワイン終了の予定だったので、取っておいたワインを開ける。

Photo_2 ワイングラスSANDALFORD ELEMENT CABERNET SAUVIGNON 2005

Cimg1785_1 2006年にスワンバレーのワイナリーツアーに参加したときに購入した、
サンダルフォードのカベルネ。ほんのり青っぽいと言うか、時間が経つとチョコの味わい。
当時はあまり赤ワイン飲めなかったのに、こういうものを買っているなんて不思議smile

今年はあまり年末年始のお休みが長くないので、3日4日は休肝日。

2009年も素敵な出会いがありますようにnotes

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »