2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブクログ

amazon アフィリエイト

  • amazon
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月23日 (火)

久々にプチ旅♪

冬もいよいよ本番!
毎日、テレビでは美味しい冬の味覚が紹介されており…
急遽思い立って、沼津まで美味しいお魚を堪能しに行くことになりましたhappy01

12月23日の祝日を利用して、月曜の夜からドライブがてら沼津まで。
一応、ホテルの部屋で飲むためのワインとグラス160265 を持ってお出かけですnote

ホテルに着いて持ってきたワインの前にちょっと外で飲もう!ということで、初めてホテルのバーに行ってみました。
そこでとりあえずグラスの赤を頼むと、なんと…
「すみません。赤ワイン、この1杯で最後なんです…sweat01

sign02

バーなのにsign02sign02

ゆっくり飲むつもりで、ちょこちょこおつまみ頼んでいたのに…weep
ダメもとで「持ち込み」をお願いしてみることにcoldsweats01

なんと快諾goodしてくださって…happy02

ラッキ~~~~happy02heart04

部屋でポテチで飲む予定にしていたワインを、バーの美味しいおつまみと一緒に楽しめることになりました~lovely

で飲んだワインはこちら。

160265_2 Photo Coldstream Hills Pinot Noir 2006

Cimg1707_1_5

前回のかもすワイン会で飲ませてもらったヤラバレーのピノ。
だけど…実はぜんぜん印象に残っていない…wobbly

今回はとても大きめグラスで揺らすだけで果実の香りが漂い、甘酸っぱさと樽香がバランスよくきらきらしていて美味しいlovely

持ってきていた小さいグラスじゃなくて良かった…
グラスひとつでワインの味わいがすごく左右されるから、バーの大きめグラスはほんとにありがたいgood




さて、注文していたおつまみはこちら
Cimg1709_1_5 Cimg1706_1_4

左:イベリコ豚のハモン
右:御殿場豚のソーセージ

どちらも豚の優しい甘さが美味しい~lovely
帰りに沼津の市場で御殿場豚のソーセージを購入。楽しみnote

翌23日は沼津港のお寿司屋さん「沼津魚がし鮨」で脂ののったお魚を堪能deliciousCimg1715_1_2
Cimg1719_1_2

かに汁つき近海もの&大トロ・寒ぶり
脂がのってて、やっぱりおいし~~happy01heart02

Cimg1721_1_2 沼津港はいたるところに野良?ネコcatが。
心なしか毛並みが良いような…良いモノ食べてんだろうなぁ。

帰りには雪をかぶった富士山も見え…fuji

Cimg1724_1_2

シメは足柄サービスエリアの富士山カレー!Cimg1732_1

美味しい2日間、堪能いたしましたnote

またのんびり、遊びに行きたいねhappy01

2008年12月16日 (火)

このごろのパスタ修行

このところ、毎週末にワインを楽しんでいるので、
ご飯もワインに合わせて、白ご飯からパスタにシフト中。

最近作ったパスタたちです。

<トリときのこのトマト煮込みパスタ>

Cimg16871 初めて作ったパスタです。意外と簡単だったのに、美味しくできちゃいましたheart04
なんとなくラッキーlovely

ショートパスタって、思った以上に増えますね。
ちょっと量が多かったです。。。coldsweats01

<ベーコンときのこの和風パスタ>

Cimg1674_2 ベーコンときのこを炒めて、パスタを投入、バターとしょうゆで簡単味付け happy02

簡単だけど、美味しくいただきましたnote

<スパゲッティ ボロネーゼ>

Cimg1667_4 ボロネーゼソースは、たまねぎ・セロリ・にんじんをじっくりオリーブオイルで炒めて自作good

「にんじんが大きい」というクレームはあったけど、味は良かったらしいcatface

<とり肉の和風ペペロンチーノ>

Cimg16621 うちの定番鶏肉のパスタ。
ガーリックを効かせて、しょうゆで味付け。

食が進みますhappy02

こんな感じのパスタでワインを楽しんでます。
最近はだいぶ味も安定してきて、ちょっと自信もつきましたnote

でも、お醤油味とか味のバリエーションがまだまだ少ないので、
もっとレパートリーを増やしたいなぁと思う、今日この頃。。でしたhappy01

« 2008年6月 | トップページ | 2009年1月 »