2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブクログ

amazon アフィリエイト

  • amazon
無料ブログはココログ

« 5.12 プチワインセミナー~マリアージュ編~第2回 | トップページ | 6.16 プチワインセミナー~マリアージュの巻~その4 »

2008年6月19日 (木)

6.2 プチワインセミナー マリアージュの巻~その3~

先日最終回を迎えたプチワインセミナー マリアージュの巻ですが、
前回酔っ払いすぎたのか、資料を忘れてしまいましてcoldsweats01
ようやく資料が手元に戻ってきたので、第3回から記録再開sign01

と、行きたいところなのですが、当日はかなり酔っ払いまして。
あまり記憶にないsad

なのでおぼろげな記憶を頼りに書いてます。

今回はワインと食材を近づける調味料(ソース)がテーマ。
同じ食材でも調味料一つで、相性が変わるらしいbleah
一つ試してみたくなったのは、お寿司とドライなリースリングの組み合わせ。
先日、お寿司とソービニオンブランを合わせたのですが、まぁまぁって感じだった(合わないネタも多かった)ので、機会があったらやってみますhappy01

さて、第3回のマリアージュはシラーズとカベルネがテーマ。
どちらも半年前の自分には全然飲めなかったcoldsweats01、ずしんと重たいワインです。
Ts330801_2 セミナーの講義中はテーマに合わせて、早摘みのシラーズで作られたロゼshineです。
これも一度セミナーで飲ませていただきましたが、フレッシュで暑い日に冷し目で飲むと美味しいhappy01

今日登場したワイン6種類heart04
Cimg0991_4

まずはオーストラリアと言えばコレ!とも言うべきシラーズ
重いのですが、酸味があまりなくコクのある甘さがお気に入りです。

フランスだとローヌ地方がメインの産地。結構買いやすいんだけど、美味しいものは、ある程度お金を出さないと飲めないとのことthink

今回飲んだのはこちら。

Cimg0980_2 weepシャプティエ コート・デュ・ローヌ ルージュ(仏)
   ×仔羊の炭火焼

ローヌワインはグルナッシュとシラーズが半々でブレンドされていて、比較的甘くタンニンは強い。酸味も感じられるワインでした。
組み合わせとしては、、、うーんどうだろう?塩コショウのスパイスには相性良しかな?

Cimg0981_4 lovelyウィンダム・エステート BIN555 シラーズ(豪)
   ×白レバーの串焼き バルサミコとしょう油のソース

2組目は100%シラーズの、日記にも何度も登場したBIN555happy02heart04
やっぱり、このワインは美味しいheart02白レバーの串焼きもお気に入りの一品。ただこの日食べたのは少し硬い感じがしました。

続いてカベルネ・ソービニオン。何年もの年数をかけて熟成させる、フランスボルドーの重要なブドウです。
シラーズよりも酸味が高く、ベリーのような甘さが特徴的とのこと。

飲んだワインはこちらの2種類downwardleft

Cimg0982_2 happy01ウィンダム・エステート BIN444 カベルネ・ソービニオン(豪)
   ×東京煮込み ガーリックトースト

思い出深いウィンダムエステートのカベルネheart04一番最初の出会いは、この約半年前のプチワインセミナーオーストラリアの巻の第1回目sign01
当時、赤ワインをそんなに飲んでいなかった私に、
得丸センセが「いかがですか?catface」と酷な質問をしてくれまして、困って「赤ワインあまり飲めないのでわかりませんcoldsweats01」と答えたのを思い出します。私の一番お気に入りのカベルネではないですけど、時間が経つととてもまろやかなチョコのような味わいに変化するのがお気に入りですhappy01

Cimg0983_2 weepシャトー・レイソン(仏・オーメドック クリュブルジョア)
   ×オーストラリア産もも肉の炭火焼

3組目は4組目はカベルネとメルローをブレンドしたボルドーワイン。正直、あまり記憶に残っていないですshockただ酔っ払っていたのか、インパクトがなかったのか…きっと前者でしょう。

お料理がどれも重たくて、一番美味しい!と思ったのは最初の仔羊の炭火焼とBIN555の組み合わせsign03野性味溢れるシラーズには豪快な骨付きのお肉でしょnote

今回もアフターに参加scissors
またまたセンセから2本もワインの提供がありました。いつもありがとうございますsign03
重い重いと言いつつもピザを頼んだのですが、写真を撮るのを忘れました。サラダのようなフレッシュなピザで、とても美味しかった印象happy01
串ものはイベリコ豚の赤ワイン煮の炭火焼をリピートで。こちら、期間限定なのですけど、Cimg0989_2 一番のお気に入りだなぁshine

初めて夫と二人で参加したのですが、ちょっと安心しすぎたのか、
ワインの魔力か、気がつくと降りるべき駅を通り越して二人とも電車で爆睡sleepy…資料も忘れ、散々でしたshock

でも楽しかったheart04

« 5.12 プチワインセミナー~マリアージュ編~第2回 | トップページ | 6.16 プチワインセミナー~マリアージュの巻~その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161038/41585061

この記事へのトラックバック一覧です: 6.2 プチワインセミナー マリアージュの巻~その3~:

« 5.12 プチワインセミナー~マリアージュ編~第2回 | トップページ | 6.16 プチワインセミナー~マリアージュの巻~その4 »