2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブクログ

amazon アフィリエイト

  • amazon
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月18日 (日)

5.12 プチワインセミナー~マリアージュ編~第2回

第1回を書いていないのに、先に第2回を書いていますsmile
日本橋VIN-Shuで開催されるプチワインセミナー~マリアージュの巻~に参加しました。
講師は前回のプチワインセミナー~オーストラリアの巻~を担当されたセンセですnote
超基本的初歩的、ぶしつけな質問でもとても丁寧に答えてくださる、とても素敵なワインラヴァー(by師匠)ですhappy01

さて第2回はピノ・ノワール、メルローと日本橋VIN-Shuの炭火焼マリアージュshine
(ちなみに第1回は白ワインのマリアージュでした。)
講義の間にはなんと!〔ウィンダムエステートBIN777セミヨン・ソービニオンブロン〕がサーブされるという、美味しい特典付です!

今回の講義はワインと食材の相性について。
食材×調理法で、赤も白もどちらのワインも美味しく飲めることを知り、驚きですsign03
おうちでも試してみよう!って思いました(その時だけだったり…sweat01

さて今回登場したのは下記のワイン×炭火焼です!

Photo

1.ルイジャド ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2006(仏)
×地鶏とフルーツトマトの炭火焼

Photo_9
happy01地鶏を塩のみで味付けした繊細な炭火焼。トマトのほのかな甘み・酸味でブルゴーニュの繊細な味わい、酸味を高めてくれて美味しいhappy01

2.BIN333 ピノ・ノワール 2007(豪)
×うなぎの蒲焼

Photo_10 despairうなぎを赤ワイン・味噌のソースで味付けした蒲焼とピノのマリアージュ。このうなぎなら、確かにワインとマリアージュする。口の中でソースの甘みに広がりが出て、豪ピノのスパイシーな雰囲気が山椒のようにピリッと効いて美味しいsign01
けど…まず想像する土用の丑の「うなぎ」とは、たぶん合わないと思うwobbly

3.ジェイコブス・クリーク リザーヴメルロ 2004(豪・日本未発売)
×フランス産鴨つくねと茄子の炭火焼

Photo_11
lovelyメルロ苦手の私が、今回一番気に入ってしまった組み合わせ!
ワイン単体だと、やっぱり苦手(なんか掴みどころがない感じ?)
だけど、つくねを合わせると、アラ不思議sign03美味しい~happy02
センセによるとこのマリアージュは、つくねの柔らかい食感と、メルロのふくよかさをあわせたとのこと。
次のしっかり食感のイベリコと一緒に飲んだらあまり美味しくなかったwobbly

4.シャトーテシエ 2003(仏・ボルドーサンテミリオン)
×イベリコ豚と葱の串焼き

Photo_12 happy01メルロ70%残りはカベルネソービニオンとカベルネフランのブレンド。酸味タンニンともにしっかりしたワインで、しょう油とバルサミコで味付けされたイベリコの味わいとしっかりマッチhappy02
これで3.のつくねを食べたら、つくねの味が全くしなくなりました wobbly

このセミナーのほんとにいいところは、離婚一直線な組み合わせも体験出来ることsweat01「合う」と言う感覚より「合わない」と言う感覚のほうが、わかりやすいからかな?もちろん好みの問題もあるけど、自分がより好むものに近づける感覚が楽しいですねheart04

今回も和気藹々とした雰囲気の中、セミナーは終了!
続けてお店の自慢の炭火焼を頂きながらのアフターというなの飲み会に突入!
セミナーで残ったワイン&センセからの差し入れ(毎回すみません)のワイン2本と自分なりに合うと思う炭火焼で、ワイン仲間と語らうのがほんとに楽しい!つい時間を忘れて飲んでしまいますlovely

今回の差し入れ2本はこちら!
wineフラミンガム ピノ・ノアール 2006(NZ・マールボロ)
2006_2 上二つのピノとはまた趣の違う、とてもキュートなピノノアール!
今日出たピノの中ではコレが一番お気に入りlovely
ルイジャドがちょっと大人びた繊細なピノ、BIN333は元気溌剌な女子バレー部のキャプテンみたいなピノとすれば、恋に恋するおんなのコのような印象…(意味不明)

wine定番ウィンダムエステートBIN555シラーズ 2005
Bin555 今日登場したワイン達とは全く性質の違うワインでした。
今日の2種はどちらかと言えば軽い飲み口のワイン、やはりシラーズはパワフルです!だから好きhappy02heart04

これらとあわせた炭火焼はこちら! Photo_7
restaurantイベリコ豚の煮込みと新玉葱のブロシェット
これ、かなり気に入ってしまいました…だけど季節限定なのかしら?
赤ワインで煮込んでいて脂分は少し落ちてるけど、その分旨みが凝縮した感じでウマウマ~happy01
シラーズには…だったけど、NZのピノには丁度良かったかも

なんて、長くなりましたが、備忘録を兼ねて…ツラツラと書いちゃいました。
次回カベルネ&シラーズのマリアージュも期待大ですねheart04

2008年5月14日 (水)

なぜだか。

なぜだか全然日記を書く気になれず、こちらもmixiも一か月以上放置してしまいました…sweat01

仕事もだいぶ落ち着いてきたので、またのんびり書いて行こうと思います。

取り急ぎ最近のハマりものはと言えば…

ダーレンベルグのワインwineたちnote
隠れ家ワインバーで飲ませてもらってからかなりハマってます!
夫も最近ネットショップで色々と物色していたりして、開けたがらない1本を無理やり開けてもらったり…してます!
次は何をねだろうかしら…うふふ(〃^ー^〃)
写真は後ほどアップします!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »