2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ブクログ

amazon アフィリエイト

  • amazon
無料ブログはココログ

« 1月に飲んだワインたち〔その1〕 | トップページ | 1月に飲んだワインたち〔その3〕 »

2008年2月 9日 (土)

1月に飲んだワインたち〔その2〕

1月に飲んだワインの記録〔その2〕です。

wine1.4 今年の5本目!〔BROWNS OF PADTHAWAY 2004 VERDELHO〕

休肝日を一日とって、再びおうちワイン会再開ですhappy02
昨年、大森のワインショップ〔かもす〕さんで購入しハマったブラウンズ・オブ・パッザウェイのベルデホでスタートですsign01

去年のスワンバレーでもハマったベルデホだったので、すごく期待して飲んだのですが…
どうやら冷やしすぎたらしく、ちょっと酸味がちにcrying
しばらく置いて温度が高くなってきたら程好く甘みも感じられるようになりましたhappy01
温度ってとっても大事なんですね。失敗失敗。
後1本は最初から温度に注意して飲むことにします…coldsweats01

wine1.5 今年の6本目!〔ALKOOMI 2006 SAUVIGNON BLANC〕

去年の旅行で購入したALKOOMIのブラックレーベルを開けました。
今、白では一番お気に入りの【ソービニオン・ブロン】です。
明るく輝く金色shine
森の中を思わせるような瑞々しい木の香りclover
さっぱりキリッとした柑橘系の呑口で…
すっごく!美味しいhappy02
とっても楽しく飲める1本でした。また飲みたいな。
(だけど、日本では全然見かけないんですよね…これ。)

wine1.6 今年の7本目!〔HOUGHTON 2005 Cabernet Sauvignon〕

冬休み〆る今年の7本目は今お気に入りの、西オーストラリア、ホートンのカベルネで。
去年の旅行、かもすさんでのワイン会ですっかり赤ワインwineの魅力にハマり…
ほんとに全然飲めなかったんですけど…
誰に言っても信じてもらえなそう…coldsweats01sweat01

豊かなベリーの香り、濃いアメジストの輝き…
呑口も軟らかくやさしい舌触りで、とても飲みやすいsign01
口の中一杯に甘酸っぱい香りが広がりましたhappy02
ただしばらく飲んでいるとコクが出てまろやかになるのではなく、少し酸味がちにsad
香りはすごくいいのですが…アテが合わなかったかな?sad

wine1.11 今年の8本目!〔Freixenet Carta NEVADA〕

年初の1週間はまさしく怒濤のように過ぎ去りました…wobbly
9日も休んで出る1週間。かなり地獄ですwobbly
着膨れでパンパンの超超超満員crying電車。心まで疲弊しました…down
さて、そんな時は美味しいワインwineで疲れを癒しましょうsign01
というわけで、今週もワインです。ちょっと気になっていたフランスワインを開けました。

が!
ちょっと硬くって。楽しく飲めなかったので後回しにすることに。
気を取り直してスペインのスパークリングワイン・フレシネを開けました。
結構メジャーなのかな?スパークリング用のグラスがおまけで付いていたので購入した1本です。
味は、最近甘いスパークリングが多かったので、少し辛口の味は、まぁまぁcoldsweats01
泡が最後まで強くてちょっとdownですが。

wine1.12 今年の9本目!〔L'HERITAGE DE SHASS-SPLEEN 2004〕

抜栓当初はすっぱくて渋くて飲めなかった赤ワイン。
うちでは初めて登場するボルドーワイン、レリタージュ・ド・シャス・スプリーン2004です。
某ワイン漫画に登場したワインのセカンドワインでとてもお買い得値段らしいです(といっても、ウチで普段登場するワインの倍近い…shock

当日は半分も飲めなかったので、翌日に回したのですが、
それでも果実味にあふれ滑らか。とてもまろやかです。
香りはとっても華やか(たぶん、フランスワインに対する私の先入観sweat01
夫はあまりdownだったようですが、私は結構お気に入りかもheart01

wine1.13 今年の10本目!〔ORQUESTRA 2005〕

記念すべき今年の10本目は三国ワイン頒布会で届いたスペインワイン、オルケストラ2005です。
カステーリャのワイン、とのことです。
スペインのブドウ〔テンプラニーニョ〕と〔カベルネ・ソービニオン〕のブレンドで香り高く力強いワインでした。

爽やかな酸味とまろやかな味わいがバランスよくて美味しかったhappy02
飲み進めるうちに酸味が勝ち気味になってしまって、たくさんは飲めない感じでした…sad

ラベルがとても凝っていて、楽譜がエンボス加工されているんです。
ラベルが素敵なのが、ワインの魅力の一つですねlovely
今年はしっかり写真も撮って記録しようsign01

« 1月に飲んだワインたち〔その1〕 | トップページ | 1月に飲んだワインたち〔その3〕 »

ワイン オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月に飲んだワインたち〔その1〕 | トップページ | 1月に飲んだワインたち〔その3〕 »